新生児期の注意点を知る

赤ちゃん

新生児期の注意点を知る

新生児は非常に繊細です。ですから、ウイルスや細菌に感染するリスクが高くなります。その為、赤ちゃんに異変があればすぐに病院に行くことが重要になるでしょう。また、分からないことがあれば周囲の人に頼ってアドバイスをもらうことも大事です。

READ MORE

外出は赤ちゃんの月齢にあわせることが大切です

赤ちゃんの月齢にあわせて外出時間や移動距離をゆっくり伸ばしていくことが良いです。そうすることで、赤ちゃんに負担がかかることなく安全に外出ができます。

安全に子育てをする

母と子

外出の際は安全に第一に考える

ベビーカーや抱っこひもを使わずに赤ちゃんを抱いて外出すると、つまずいたり転んだりして危険です。ベビーカーや抱っこひもを使うと、危険を回避することができ安全に外出ができます。

赤ちゃんを車に乗せる

車に乗る時は、必ずチャイルドシートを使用してください。また、チャイルドシートは車に合ったものを選ぶことで車内でも安全です。

外出時の赤ちゃんの服装

赤ちゃんは体温調節が上手くできないので、肌寒い場合はベビー布団などをかけて寒さの調節をして下さい。また、暑い時期であれば吸湿性の高い肌着を着せてあげましょう。この他に、靴下や帽子で調節もできるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの育て方に関するQ&A

外出の際に気をつけることはありますか?

外出をする時は、ベビーカーや抱っこひもを使うようにしましょう。そうすると、危険になる要因を解消することができ安全に外出ができます。

体温調節はどうやってすればいいですか?

赤ちゃんの体温調節は、寒ければベビー布団をかけてあげるようにしましょう。また、汗をかいてたら肌着をかえてあげるようにすることが大切になります。さらに、エアコンを使用する場合であれば乾燥をしないように加湿器を併用しておきましょう。

搾乳はしないといけませんか?

赤ちゃんに授乳をする際に、搾乳をしていなければ母乳の出過ぎが原因で吐き出してしまいます。ですから、搾乳をして母乳量を調節する必要があるので知っておきましょう。

お風呂を楽に入れる方法はありますか?

一人で赤ちゃんをお風呂に入れる時に、バスチェアがあれば便利です。バスチェアは、どんな態勢でも洗えることができるので試してみてはいかがでしょうか。

外出はいつくらいからできますか?

基本的に生後1ヶ月までは外出は控えておく必要があります。また、外出する時は、外出時間や移動距離を少しずつ伸ばすようにしましょう。

【PR】
ベビー布団は通販サイトで買おう
ラクラクベビー用品を購入できちゃう♪

赤ちゃん用品なら通販サイトで買おう
使いやすい製品を多数販売☆

不安を取り除いてくれる新生児訪問

出産後子育てに多くの人が不安を抱えています。そんな時に、的確なアドバイスをくれる新生児訪問という制度があります。この制度を利用すると不安を取り除いて子育てができるようになるでしょう。

広告募集中